出生前検査 · 05日 10月 2021
久しぶりのブログ更新になります。開院してあっという間に半年が経ちました。婦人科を始めたり、コロナワクチンを受託したり色々ありました。最近は出生前検査についての認知度が世の中的に高まってきていると感じています。NIPTクリニックで染色体異常を指摘されて、当院で羊水検査をすることも多くなってきました。当院を知っていただきありがたい限りです。様々な遺伝相談にも対応しております。 研修医の時に一緒に働いていて、その後も胎児治療や胎児診断と同じ道に進んだ林先生が幕張に出生前検査のクリニックを開院しましたURL:https://tokyobay.taiji.clinic/ 林先生、一緒に頑張っていきましょう。
出生前検査 · 22日 6月 2021
当院の方針:妊娠11週から13週に来ていただき、妊娠初期精密超音波と希望があればNIPTをさせていただいております。この週数ですが、11週の前半だと予定日の誤差により胎児が小さすぎることがあるため、11週の後半から12週で予約をさせていただいております。超音波やNIPTで胎児の染色体異常が疑われた場合、当院にて羊水検査をします(無料)。もし染色体異常が確定した場合にはご夫婦をお呼びし、その後の方針を話し合います。超音波からある程度、出生後のNICUでの治療方法やおおよその退院の目安をお話しし、福祉やサポート体制についてお話しております。中絶を希望させた場合、かかりつけの病院の許可があれば、当院提携病院で私(院長)がお産を担当させていただいております。中絶をされる方は、その後も後悔や罪悪感を持つ方がいらっしゃいます。中絶先の病院で医療者による何気ない一言がずっと忘れられない、新聞などで「安易な中絶」と書かれていて責められているみたい、など様々です。私が担当した患者さんにはそのような気持ちをなるだけ少なく出来るように、最後まで担当させていただきます。
出生前検査 · 01日 6月 2021
開院して早2か月が経ちました。今日から婦人科も開始いたしました。 そもそも私が出生前検査のクリニックを開院した理由は、NIPTや妊娠初期超音波検査、絨毛検査を統合的にしているクリニックがないことが動機でした。もともと認可施設でNIPTのカウンセリングなどしていましたが、基本的にNIPTの認定施設では妊娠初期超音波検査をせずNIPTのみを行います。胎児の状態を確認せずにNIPTをおこなうことがどれだけ不誠実だったか、その反省を込めて開業することを決めました。 また認可施設のNIPTの値段が高すぎることも、自分の中で納得ができませんでした。NIPTの原価はおよそ2万円ですが、それがなぜ25万円になるのか、どうしても納得できず患者さんに対して罪悪感がありました。自分が考える標準的な出生前検査は、超音波、NIPT、絨毛羊水検査を必要に応じて使うことです。また料金に関しても当院では、NIPTが5万円で妊娠初期超音波検査が3万円、中期検査が2万円で、合わせて税込み10万とさせていただいております。今は誠実に罪悪感なく診療することができ、開業してよかったと思える日々です。
出生前検査 · 16日 5月 2021
よく患者さんに聞かれるのは、NIPTの種類がいっぱいあってどれを受ければいいのか分からないとの相談です。今一般には、全染色体検査、13.18.21染色体+性染色体+微小欠失(7項目)、13.18.21染色体+性染色体、13.18.21染色体などの項目をどの検査会社も受注しています。当院では、初期超音波検査と一緒にNIPTをするため、全染色体検査を項目に入れておりません。初期超音波検査で流産になるかどうかは一目で分かります。その場合、追加検査はしないか、なぜ流産になったか原因を追究するかの二択になります。仮に超音波をせずに、全染色体検査のみを受けて、16トリソミー(流産の大きな原因のトリソミーです)陽性であった場合、その後に行った通常の妊婦検診で流産していることがほとんどです。13.18.21+性染色体以外のトリソミーはほぼ流産になります。当院では初期超音波検査で13.18.21+性染色体以外のトリソミーの可能性を否定し、さらに13.18.21トリソミー+性染色体異常+微小欠失症候群の可能性を十分に低くした上でNIPTを受けていただきます。それが最も費用を抑えて効果のある検査だと考えます
出生前検査 · 13日 5月 2021
写真を撮り忘れてしまいましたが、昨日亀田IVFクリニックで出生前検査の勉強会をさせていただきました。不妊クリニックでも出生前検査の質問を受けることが多いとのことで、普段どのように出生前検査について患者様に説明しているかをシミュレーションさせていただきました。出生前検査の意義について少しづつ広めていこうと思います。
出生前検査 · 22日 4月 2021
出生前検査について2
現在8割くらいの方は来院する前にZoomで事前に出生前検査の相談などを受けてもらっています。 どうしても病院にくると緊張して聞きたいことが聞けなかったり、病院にきてからいろいろ説明を受けるとよくわからないまま検査を受けることになってしまうので、事前にご夫婦一緒にZoomで説明をさせていただいております。検査の理解をされている方は直接来院していただいております。 Zoomでの相談は特に来院される方に限定しておりません。相談窓口みたくなれればと思っています。 ちなみに当院での診療では写真みたく携帯でエコー動画を撮ってもらい、そこに口頭で一つ一つ説明していく形をとっています。
出生前検査 · 16日 4月 2021
出生前検査でよく聞かれることは、超音波で何が分かりますかということです。NIPTは決まった染色体の異常が分かるので、理解しやすいのですが、超音波は漠然とした印象を持っていると思います。 例えば妊娠初期の超音波で13.18トリソミーやDigeroge症候群は心臓や手の拘縮、脳や顔の構造などでおおよそ見当がつきます。またTurner症候群はNTが著明なことが多く、推測することができます。それ以外にも心臓の病気の9割は妊娠初期に見つけることができるといわれており、様々な遺伝性の疾患も診断することができます。NIPTや中期超音波は、妊娠初期超音波の見逃しや、不安を軽減するための検査になります。 超音波で病気を見つけられれば、胎児期の間に病気の説明や治療方法、経過など伝えることが出来、適切な場所で分娩し、直ぐに新生児治療ができます。助かる病気を持った赤ちゃんを確実に助け、しかも神経の後遺症を残さないためには、超音波による出生前検査は必須だと考えています。           
開院 · 10日 4月 2021
西船橋こうのとりクリニック開院3
お花いただきありがとうございます。枯らさないように、毎日お水あげています。 開院して一週間が経ちました。少しづつ認知されてきて、予約していただけるようになってきました。 また不妊のクリニックの先生から出生前検査の勉強会の依頼もあり、出生前検査を千葉で広めていけたらと思っています。
開院 · 03日 4月 2021
4月1日に開院いたしました。少しづつ予約をいただいております。勤務医の時はずっと周産期センターにいて、患者さんが毎日のように搬送されてきて、満床のNICUや産科をどうやって回すかしか考えてなかったです。今開業医になってみて、予約をしてくれるのがこんなに嬉しいとは思わなかったです。これからの医者人生は、初心を忘れずに人と人と向き合っていきたいです。
開院 · 01日 4月 2021
西船橋こうのとりクリニック開院
本日開院いたしました。出生前検査がどのようなものか、正しく伝えていきたいと思います。来院お待ちしております。

さらに表示する